ホーム
ようこそ藤倉家のホームページへ
メール
マイホーム【藤倉家】
更新情報
2007年4月、ホームページリニューアル
2007年4月11日、チャーミー出産


12Mタイプなら1ヶ月2,078 円
広告サイト
ようこそ藤倉家にご訪問頂き有難う御座います。
 パソコンなるものを使い始めたのは30年前、最初に手に触れたのはNECから発売された組み立てキットのTK-80で、その後PC-8001、PC-8801、PC-9801と次々発売され毎に買い替え、現在のパソコンは何台目だろう?
 インターネットが始まる前はパソコン通信と言うのが有った。20年前、NECが始めたPC-VANに接続した時は300bpsと超低速で今の光通信から比べると亀と新幹線のようだ。
 1990年代に入りプロバイダーが出来てきて個人もインターネットに接続出来るようになり、早速東京(近所に無かった)のプロバイダーと契約しインターネットを始めるもwindows3.1では日本語版接続ソフトが無く、四苦八苦しながら英語版を使って接続した。その点MACは簡単に接続出来たので、MACを買ってしまった。
 その頃は、モデムも電話回線を使うため2,400bps程度だったが年々性能が上がり、今は56Kbps、ISDNで64KbpsだがDSLと言う技術が発達しADSLが急速に普及しネット人口も比例して増えていった。
 私がホームページを作ったのは10年前、IBMホームページビルダー1.2が発売された頃だった。簡単にホームページが作れると言うふれ込みであったが今のから見れば非常に幼稚なものでした。
 今回のリニューアルは6回目かな?
たいしたコンテンツは有りませんがどうぞごゆっくりしていって下さい。
パソコンを考える
  • 1世代前のパソコンと言えば事務的使い方が主流で文字ばかりの画面でしたが(MACは別)windows3.1の出現により画像(アイコン)とマウスで操作性は格段と良くなった。
  • 現在はwindowsXPとなりマルチメディア、インターネットなどパソコンの使い方は無限に広がり、今やパソコンの無い生活など考えられないほどに普及した。
  • しかし、所有者は増えたが十分に使っているかと言うとその限りでは無い、それは使い方が解らないからと言っているが、と言って勉強することもしない、一方で携帯電話が爆発的に普及し利便性や簡単操作からパソコンを諦め携帯に走った方が多いのも否定できない。
  • 携帯はあくまで連絡の手段でしかない、インターネットが出来てもパケット料が掛かり、カメラが付いていても写真の編集が出来るわけじゃない、パソコンと連携して使うことで携帯の機能の便利な所が解り、使い方も増えるのではないでしょうか?
  • 年始早々に新OS-Vista-が発売された、この文章を書いているパソコンのOSはVisteであるがXPからのバージョンアップ導入した、もともとVista対応のパソコンなのですんなりインストール出来たが不具合は沢山有った。
  • 最初からVistaを搭載したパソコンを買えば問題無いでしょうが、Vista対応ではないアプリを使っている方は注意が必要です。
  • 上記のデメリットを無視するなら導入する価値は十分にある、マルチメディア、検索速度、セキュリティーなど格段に向上している、操作性、インターフェースも使い易くなっているがXPに慣れてしまったせいか少々戸惑う所もある、特にoffice2007を見るとまったく変わってしまったので普段使わないコマンドを探すのが大変だ。
  • 続きはブログに書いていきたいと思います−続き−






メニュー